中学生の勉強やる気“検証”倶楽部TOP » 目標を作ってやる気を引き出す!

目標を作ってやる気を引き出す!

あるサイトを見ていて、気になったこと・カンタンにできそうだなと思ったことからチャレンジしてみます。
それは、“明確な目標を設定すれば、それを達成しよう!というやる気が向上する”とのことでした。また、“目標設定は非常に重要となる要素であり、目標をしっかり設定しないとやる気は向上しにくいしにくい”とも書かれてありました。

確かに、息子は、勉強において明確な目標をもっていません。(確認したことはないですが、多分ないでしょう)
私が学生の頃は、中学に入ったら高校受験を。高校に入ったら大学受験を。というように、学年が上がるごとに
それなりの目標があったはずなのです。(遠い昔の記憶ですが。。。)

そこで、今回は息子と一緒に“目標をつくる!”ことからはじめてみたいと思います。

【検証スタート】うちの子の場合は、こうしました!

まずは、現状を確認するために、今現在、息子自身が思い描いている勉強の目標を聞いてみました。
すると、息子からは「ない」の一言で片付けられてしまいました(泣)
「ない」はないだろう…と、もう少し探りを入れてみると、「定期テストでは毎回点数が下がらないようにしたい」
との返答がありました。さらに、親である私に怒られないような点数を取りたいとのことでした。

これでは、さすがに勉強のやる気も上がらんだろうよ、息子よ。
と思った私は、さっそく一緒に毎日勉強することの目標を考えることにしました。

(1)まずは少し大きな目標を決める
中学生ともなると、小学生の頃とは少し違い、現実的な将来の夢を描いていると思います。
息子も小学生の時には「サッカー選手になる!」という夢がありましたが、今は少々現実が見えてきたのか
大好きな「ゲーム会社で働きたい」という夢に変わっていました。(こういう機会も良いものですよ)

そこで、その夢を叶えるためには、どんな勉強をしなければならないのかネットを使って調べたりしました。
(ゲーム会社で働く場合は、ゲームを作る側になりたいのか、売る側になりたいのか、なかなか職種もたくさん
あって、調べるのも一苦労しましたが、結局はゲームのプログラマーになるには…で考えが落ち着きました)
プログラマーになるには、最低でも専門学校もしくは大学で専門の知識を学ぶ必要があるため、
高校では理系を選択しなければならない
こともわかりました。

(2)じゃあ、今するべき(やらなければならない)ことは?
まずは、高校受験は必須だとわかったので、そのためにやれることを考えました。
ですが、まだ中学2年生なので、高校受験をするにしてもあと1年近くあります。それを目標にしたところで
やる気が続かないのが目に見えています。
そこで、まずは、いずれ理系に進学するためにも、今は苦手な数学を克服することを目標にしました。
毎回のテストで数学だけはいつも良くないのです。クラス平均行くか行かないかくらいの中の下といった成績です。

私と決めた目標はこれです。
「数学の問題を授業があってもなくても必ず毎日15分は勉強する。(正答率80%以上)」
息子の性格上、1日○ページとかだと、すぐにやる気をなくしてしまうので、集中力が続くであろう
1日15分を目安に設定をしてみました。

【検証結果】その後の様子について

「数学の問題を授業があってもなくても必ず毎日15分は勉強する。」と決めて以降、
まだその目標は守れているみたいです。この毎日の積み重ねが将来につながると
わかったからなのでしょうか?少しはやる気を見せてくれるようになりました。
土日や部活が休みの日には、なかなかやりたくないような仕草を見せる場合も
ありますが、今のところ順調に行っているような気がします。

【検証結果】将来の夢を見据えて、今の自分は何をすれば良いかがわかって
くれば、自然に勉強にもやる気が出てくることがわかりました。

このページのTOPへ戻る

やる気の作り方

  • やる気のメカニズム
  • 目標をつくる
  • 習慣にする
  • 環境を整える
  • 起爆剤を用意
  • 仲間をつくる

やる気を引き出してくれそうな学習塾ランキング

  • 個別指導スクールIE
  • 城南コベッツ
  • 臨海セミナー

やる気を引き出してくれそうな家庭教師ランキング

  • 家庭教師のあすなろ
  • 家庭教師のアルファ
  • 家庭教師のゴーイング

やる気が出そうな通信講座ランキング

  • 進研ゼミ中学講座
  • スマイルゼミ
  • e点ネット塾

Copyright 2013 中学生の勉強やる気“検証”倶楽部. All Rights Reserved.